FXには「取引通貨単位」というものがあります。

FX(外国為替証拠金取引)は、一般的にはレバレッジ(手持ち資金よりも大きな金額を取引すること)を効かせて取引するのが普通です。

そのため、大抵の業者ではこの通貨単位・取引単位が10000通貨単位から、と書かれているのをよく目にするのではないでしょうか。

10000通貨単位とはどういうことかというと、例としてドル円の取引を挙げれば、

「10000通貨のドル円取引→1ドルが100円の場合には10000×100=100万円の取引」

ということです。

1000通貨=0.1ロット 1万通貨=1ロット
レバレッジ=てこの原理 (レバレッジが高いほど少ない資金で買えます。)
レバレッジが高いと少ない資金で大きな利益を得られますがロスカット(強制決済)が早くなります。