レバレッジとは日本語で「てこの原理」という意味があり、てこを応用し、小さな力で重たいものを動かすことです。
そして、FXでいうレバレッジにも同じような意味があり、小額のお金で高額の取引を行うことがレバレッジになります。

通常は倍数で表現しレバレッジ4倍という場合は資産100万円で400万円分の投資をおこなっているという意味になります

「レバレッジをかける」や「レバレッジを○○倍で取引する」などという言い方をします。
ただ、レバレッジを高くすればするほど、大きな金額を動かすことが出来ますが、これはハイリスクハイリターンとなるため、稼げると同時に損をする可能性も 同じぐらいにあります。そのため、リスクを考えながら自分にあったレバレッジをかけていくことを心がけましょう。

例えば1ドル=100円として、自分が用意できる元手が10万円だと本来買えるのは1,000ドルですが(←これがレバレッジ1倍)、レバレッジを10倍 にすることによって、自分が用意できる元手の10倍の通貨額まで買う(FX業者から借りると解釈したほうがいいかもしれません)ことができる、という仕組 みです。

リスク

レバレッジは資産からのリターンが借入コストを相殺する以上に利益を拡大するが、損失を拡大する可能性があります。
あまりにも多くのお金を借り入れる法人は、事業が低迷しているときに破産や不履行に直面する可能性があります。
一方、レバレッジの低い企業は生き残ることができます。50%のマージンで株式を購入する投資家は、株式が20%減少すると、投資した金額の40%を失う可能性があります。
レバレッジリスクは、担保資産の価値の損失に起因する可能性があります。
ブローカーは、証券の価値が低下した場合に資金の追加を要求することがあります。 不動産の価値が債務の元本を下回ると、銀行は抵当権を更新できない可能性があります。
継続的な借入費用を維持するのに十分なキャッシュフローと利益があっても、ローンが呼び出される可能性があります。
これは、市場の流動性がほぼなく、他社の販売が価格を押し下げている場合に、正確に起こりうる。
自体が悪化するにつれて、レバレッジが上がり、物事が下がり続けるにつれて損失が増えていくことを意味します。
原資産価値の低下が軽度または一時的であっても、これは急速な破綻につながる可能性があります。
レバレッジの条件の交渉、追加の借入のために未使用のスペースを維持すること、および流動資産のみを活用することによってこのリスクは緩和することができる。